【事務局便り-59】開運予報士®協会検定3級リニューアル後初開催!

皆さま、ご無沙汰しております。
開運予報士®協会事務局の
植竹剛です。

おかげ様で先月開運予報士®協会は
1周年を迎えることができました。

改善として、各級テキストの
改訂を実施しております。

ということで、リニューアル後初開催と
なりました、3級のレポートをお知らせします。

今回のテキスト改訂ポイントは、
知識がない、乏しいから
言いなりになりがちな占いの鑑定を

もっと分かりやすく、

もっと身近に、

もっと自分が幸せになる。

(もっともっとと欲張りでスミマセン^^)

織路も申しておりますが

まずは自分自身が幸せに
なるために占いはあることを
皆さまにも知って、広めて
いただきたいのです。

3級恒例の「マイブレスレットづくり」では、

1個だけこの赤を使っても良いですか?
シンメトリにしないとダメですか?

ハイハイ、ここなんです。
汎用性の高い作品=誰にでも当てはまるもの
を作っても、あんまり意味がないのです。

市販のものを買えばよいのですから。

しかし、市販の中には大した研究もせず、
ミーハーに作られたものも存在します。

そして、付けさせられている(受動的な)
感覚はどこか気持ちが悪いものです。

ならば、今欲しい運気を
これでもか、と欲張って
ブレスレットに気持ちを込めて
生活や行動にコミットする。

この毎日の過ごし方こそが
幸せになる、掴む可能性が
上がると思うのです。

ネガティブな思考は
この行動力にブレーキをかけます。

「迷うことはネガティブですか?」
と質問されたことがあります。

迷うということ自体にポジティブさも
ネガティブさもありません。

決めたあと、岐路A or Bで迷う

決めることをためらい迷う

ここがポイントですね。

はい、岐路A or Bで迷った末の作品です。

想いの詰まった作品です^^

事務局として、昨日受講された方々の
幸せを祈るばかりです。

開運予報士®協会事務局
植竹剛

Copyright 2018 占い資格・検定 開運予報士®協会