【事務局日記-8】開運予報士®協会検定講座2級について考えてます

皆さまこんばんは!
「事務局『日記』」と謳っているのに
かなりさぼってしまっている
開運予報士®協会事務局の植竹剛です。

普段、代表の織路から
「植竹さんはここぞという勝負処の瞬発力や
爆発力は最高のパフォーマンス結果を出してくれますね」
と言われています。

これは織路流の「人をやる気にさせる『ポジティブ表現』」なのです。
嬉しいことです。

そんな時、植竹は裏を読むという意味ではありませんが、
一対になるものを探すように習慣付けています。

「小さなことを楽しく、コツコツ続ける努力の方法を探す」
という課題があるな、という具合です。

植竹の人生の課題です。

植竹の人生の課題です。

ということで、人間は評価を受けることに飢えているという
特性を利用して、身内からコメントをもらうようにしてみます。

ところで、上記の内容はこれからお伝えする
開運予報士®協会検定講座2級の内容で、
キーワードになる言葉をちりばめていました。

「最高のパフォーマンス結果」

「表裏一体」

「楽しくコツコツ続ける」

「評価を受ける」

という言葉が『2級のテーマ』になっています。

元来、占い師から鑑定を受けても、そのまま放置
していれば、何の好転もありません。これは断言できます。

しかし、良いことを伸ばす・悪いことを改善/善処するという
2つのことを同時にしていくのもなかなか大変です。

はい、そうです。良いことを伸ばすことから始めましょう。
はい、これもそうです。物事には「表の逆、裏」があること。
一対にして考えれば「良いこと」と「改善すべきこと」の両方を
同時に行うことができます。

まさに一石二鳥。得した気分になれること請け合いです。

2級ではこの一石二鳥をコンセプトに「生活密着改善方法」を
たくさんのサンプルを踏まえて、じっくりご説明していきます。

サンプル数が多いので、日程は「2日間・15時間」という
スーパースケジュールが皆さまをお待ちしております。

難しい・分かりにくい・覚え事が多くて大変な計15時間は
苦痛そのものでしょう。

いえいえ、「楽しく・あっという間にいつのまにか」15時間は経ち、
『小さなことをコツコツ始めていける方法』がたくさん身に付いた!
が検定講座イメージです。

そして、3級にはなかった「評価を受ける」は、家族や近しいご友人にも
その方法を発表して、どのような変化があったかを聞いてみるという
ことも実践していただきたいのです。

はい、受けたくなりましたよね(笑)!

ただいま、最終段階の打ち合わせと調整をしている真っ最中です!

開運予報士®協会検定講座2級、
初回は10月15日・16日(土・日)の午前10時(2日間とも)スタート。

もう少しでトップページに記載できるようになります。
今しばらくお待ちくださいませ。

開運予報士®協会
事務局 植竹剛

 

Copyright 2020 占い資格・検定 開運予報士®協会