魔夜峰央先生と眞里江ちゃんからの開運予報士®協会イラストのプレゼント

魔夜峰央先生は漫画家で、パタリロをはじめとするステキな漫画を描かれる方ですが、
鑑定から始まり、ワタシのことを応援してくださっています。
「跳んで埼玉」は、55万部も一気に販売されたそうで、再ブレーク中です。

家族ぐるみで気に入ってくださって、眞里江ちゃん(お嬢さま)は、なんとお店のスタッフまで
してくれています。

協会設立と、このサイトを発表する日は6月19日。
ワタシの誕生日です。

それに合わせて、イラストを届けてくださいました。

やるなら徹底的に。
プロフェッショナルな会話を通して出来上がったのがこちらです。

プロフェッショナルなというのは、日頃、眞里江ちゃんや先生と、こんな会話をしているからです。

たとえば、9月7日に開運予報士®協会は発足します。
この日は二十四節気の白露(はくろ)、いつからでも遅くない、もう一花咲かせる時期に入ります。

ワタシの命式は、四柱推命でいうと、水が不足しているので、ワタシが最も欲しい「癸(みずのと)=雨」
織路の「路」の上に、「雨」がついた節気。

こういう会話を喜んで聞いて下さるのです。

魔夜峰央先生と眞里江ちゃんで開運!共作イラストと明日の開運予報

お店のブログにはこんなことを記載していますが、
もっと突っ込んだ会話をしていて、

ワタシが運営している会員制サイトでそのことを報告しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【風水:魔夜峰央先生からのイラスト解説】
明日のお茶会に間に合うようにと、魔夜先生からイラストが。

どうせなら、楽しいイラストがいいでしょうと、
いろいろアイデアを練ってくださっています。

解説をすると、
八卦(はっか)が描かれていて、それぞれの方位に合う
色と、数字分の星が描かれています。

星は、五芒星(ごぼうせい)という五角形の★ではなく
智恵を表す六芒星です。

陰陽道の安倍晴明は五行を示す五角形の★ですが、
ワタシは六芒星が好きなんですと言ったことを
覚えていてくださっていました。

六芒星は、三角形が2つなので、剋すというより、
陰陽組み合わさって、共生している感じが好きだからです。

左手と右手の違いは、
左手は精神性を表し、右手は決断もしくは行動を表します。
手相で見るポイントでもあります。

左手の手のひらを見せているのは、
ココロの中まで伝えますという気持ちで、

右手は、しっかり結果を出しますという意思。

そこを招き猫にしてくれたので、
さすが魔夜先生だなーと思いました。

色付けはお嬢さまの眞里江さんです。
空を描いてくれたのもきっと眞里江さんなんだろうと思いました。

眞里江さんは、これを機会に漫画家デビューも目指すそうで、
お父さまとの共作も初めてだそう。

「良い機会をありがとうございます!」というメッセージとともに送られてきました。

ありがたいです。
皆さまにもお二人からの開運パワーが届きますように。
(あ、ワタシからも!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんの温かな想いをいただきました。

Copyright 2021 占い資格・検定 開運予報士®協会